低温デジタルパーマ

2019-06-04 (火) 

今日は低温デジタルパーマについて。

 

 

 

今やパーマも色々な種類があってデジタルパーマはもちろんエアウェーブや水パーマなんてのもあります。

 

SaludHairでおすすめしているのがプルームパーマという種類。

かけ方は通常のパーマと同じですが作業工程の中でアルカリ電解水を細かくしたミストを吹きかけツヤ感と柔らかさをしっかり出すという途中で水分を入れ込むパーマです。

 

 

パーマ材も主成分は水が多いのですがプルームパーマの薬剤は、もちろん水が主成分なのですがその水がアルカリ電解水で作られているので通常のパーマ材よりダメージ原因となるアルカリ剤の配合量が少なくてもしっかりかけられるパーマとなっています。

 

 

詳しく説明すると指がちぎれるほど文字を打ち込まなくてはならないので割愛しますがアルカリ剤とアルカリ性というのは言葉は似てるけど別物と思ってもらえれば・・・

説明さぼっているわけではないですよ・・・!

 

 

 

そしてデジタルパーマもやっているのですが、通常のデジタルパーマは縮毛矯正剤と同じくクリームタイプの薬剤を髪に塗って流して80℃以上の高熱で形状を記憶させるパーマなのですが、簡単にスタイルを再現しやすいというメリットの他に80℃以上の熱を時間を置いていくということで薬剤のダメージプラス熱によるダメージも追加されて毛先が硬くなりやすいというデメリットがあります。

 

 

そこでオススメしているのが低温でかけるデジタルパーマ。

 

工程もクリームタイプを使うのではなく通常の液体のパーマ液でかけていき60℃程度でかけていくので柔らかさもあり再現性も高いパーマになります。

 

 

 

 

IMG_4321.jpg

 

 

今回はスーパーロングを少し切って大きくしっかり低温でデジタルパーマをかけていきます。

 

 

 

通常のパーマ工程をしてロッドにコードを繋いで加温してかけていきチェックでOKだったらミストをかけていきます。

 

 

 

6174623616_IMG_0679.jpg

 

 

仕上がりがこちら

 

 

 

IMG_4322.jpg

 

 

 おおきくしっかりゆる〜くかかってくれました。

 

 

 

 

Collage_Fotor.jpg

 

おおきくかけるととれやすかったりしやすいのですが、熱の力で持ちもよくなります。

 

手触りも毛先がカリッと硬くなることがなくミストで髪に水分が止まることでパーマ前よりかけた後の方がツヤ感も増しています。

どうしてもパーマとツヤは相反する部分ですがスタイルによっては両立もできると思います。

 

 

 

 

 

イメチェンにはパーマは一番オススメなのでかけてみたい方、ご相談だけでもお気軽にしてみてください。

 

 

 

 

 

新潟県長岡市のツヤ髪特化・美髪を作る美容室

SaludHair Natural×Healing×Lifestyle  サルゥヘア

tel 0258-89-5151

長岡市弓町2-4-29 棚橋不動産駅東ビル1F

LINE@からもご予約いただけます。

友だち追加

ネット予約はこちら

ネット予約は余裕を持った受付設定になっているのでネット予約画面でご予約できなくてもお電話やLINEでお受けできることもあるのでお問い合わせください。

ネット予約時に返信メールがない場合、迷惑メールフォルダにあるか受信設定で拒否設定してあると届かない場合があるのでご確認ください。